名医に任せれば安心|下肢静脈瘤を完全に治す

医者

早期診断と適切な治療

脚

診察は血管外科へ

ふくらはぎや太ももなど足に浮き出た血管や色素沈着が気になったら「下肢静脈瘤」かもしれません。下肢静脈瘤は良性疾患ですが放置しても自然に治りません。加齢と共に徐々に悪化していくことが多く、早期診断と適切な治療が必要です。下肢静脈瘤のある部分が悪いところのように思いますが、実際は静脈瘤よりもっと上の部分に起因する箇所があることが多いです。静脈は血液を心臓へ戻す働きをしていますが、歩いたり足を動かすと筋肉が血液を心臓へ戻すポンプの役割をしてくれます。また、その静脈内には逆流を防止する弁がついています。この弁が壊れてしまうと、心臓へ戻るはずの血液が逆流してしまい血管内に血液がたまります。血管の中で滞留が生じ、静脈が膨れていきます。これが下肢静脈瘤です。

日帰り手術での治療も可能

下肢に気になる症状が現れたら、なるべく早く診断を受けることをお勧めします。最近では下肢静脈瘤に特化した名医を揃えたクリニックも増えました。そのようなクリニックで名医による日帰り手術も可能です。2000年ごろから日帰りの手術が出始めて、近年ではレーザー治療による日帰り手術を行うクリニックも増えてました。従来の血管を除去するストリッピング手術にもレーザー治療にもメリットとデメリットがありますので、名医にかかり、ご自身の症状とニーズに合わせて治療法を検討をお勧めいたします。また、ストリッピング手術もレーザー治療もどの治療を選ぶにしても事前にクリニックに問い合わせをして、麻酔方法や治療実績、治療件数など名医の判断基準となる情報を確認してみてください。

治療を行なっていく

腹痛

直腸がんの治療は、信頼性の高い経験豊富な医師に任せる事が大切です。治療には手術や抗がん剤投与などがあり、腫瘍の場所や進行によって効率的な方法が施されます。手術以外にも治療法はあり、身体への負担が少ない方法を利用する事ができます。

詳細へ

早めの発見のために

お腹を押さえる婦人

胃がんは、胃の内側の粘膜からがん化して広がっていく病気であり食事や生活習慣が要因となって起きます。早期発見が出来れば、体に負担が少なく短時間の簡単な手術で済む内視鏡治療を行うことが出来るようになります。

詳細へ

胆管のしくみ

入院

胆汁を流す菅である胆管が機能不全になるのが胆管がんです。50歳を超えると発症しやすくなり、症状として右わき腹の痛みや食欲不振などがあります。治療は外科療法や内視鏡胆道ドレナージ、もしくはレーザー局所療法などが行われます。早期発見が早めの回復に繋がるので、積極的に受診しに行くようにしましょう。

詳細へ